ムダ毛 処理 自宅

ムダ毛処理メンズバージョン

ムダ毛処理メンズバージョン別・考察

 

アンケート結果を考察してみました

 

こちらではケノンに寄せられた男性諸氏のレビューを拝見しながら
そこに至るまでの経緯、その結果から見える情報をもとに何が良かったのか

 

どうダメだったのかを吟味してみました。

 

 

 

ムダ毛処理メンズバージョン・胸毛編

 

 

 

 

僕の胸毛を見て一部の人は「ダンディー」、なんて言われてましたけど


 

 

 

男は当然ながら男性ホルモンの影響下にあり体毛が濃いのがマジョリティーだと思います。
胸毛、背中、ヒゲの濃いのはもちろんお尻、そこから陰毛も普通の人と比べると半端なく毛が濃いと

 

自分はやはり人とは異質な人間に思えてくる。

 

 

 

この日本で男性の中でも毛深いと、日本人としてはマイノリティーになってしまいます
日本人の女性は肌が白くて美しくきめ細かいことが世界中でも有名です。

 

欧米の女性たちも日本人女性の緑の黒髪ときれいな肌には羨望のまなざしを向けています。

 

 

 

 

そんな日本人の女性にとっては、やはりヒゲが濃い、胸毛を代表とする体毛は
やはり苦手なようで「ちくちくする〜〜!?」と評判は良くないみたいです。

 

 

 

そんな女性たちの声は男子にとっては屈辱的に思えたり、否定されているようで傷つくこともあると聞きます。
そこで彼女をとるか?自分の体毛をなんとかするのか?という選択肢に。

 

その彼女が大好きだったら自分の方をなんとかすると考えたときにケノンを思いついたそうです。
この毛が濃いのが問題で、それをクリアすれば円満にパートナーとして過ごせるわけですから

 

ケノン様様ということではないでしょうか?

 

 

 

僕の胸毛を見て一部の人は「ダンディー」、なんて言われてましたけど
それって、今思えば「けなされていたんだな!?」と気づきました。とありますように。

 

 

 

メンズ・ムダ毛処理・濃いヒゲ編

 

 

 

 

 

朝、ちゃんとヒゲを毎日剃ってるのに昼過ぎには顎を撫でるとザラつく
夕方にはトイレの鏡にはなんだか顔がうっすら黒っぽく映る。


 

日本人のヒゲは もみあげからほっぺ、口まわりと、つながってる人はあまり多くないと思います。

 

 

 

鼻の下とアゴの口周りが濃い人が多いです。
昔は「ドロボーヒゲ」と呼ばれたことがありました。

 

コントに登場するドロボーが口まわりを丸く黒のドーランを使っていたのがそう呼ばれるきっかけだったように思います。

 

 

 

 

すね、足、ヒゲ、ともに濃い体質だとやはりそれがコンプレックスになります。
第二次性徴は男子にとってそんなSEXの変化を呼び込みます。

 

濃いひげは高校生にとっては「おっちゃん」呼ばわりされたこともありました。

 

 

 

高校生は濃いヒゲでも悩みます、まわりは濃くないから。
サロンなんて高校生に行けるわけありません、九州の田舎には脱毛サロンなんてないんですけど(笑い)。

 

 

 

 

今のご時世、やはりモテ男には毛深いのは似合いませんもんね!
嵐のメンバー見てもお肌ツルツル、松潤だって眉が濃いのはいいですけど、
手入れされてて白い肌とのコントラストがいいわけで、要は清潔感ですもんね。

 

 

 

ケノンのことを知らずに

 

 

 

ネットサーフィンでケノンのことを知りあっさり購入


 

 

 

脱毛サロンでカウンセリングを受け、予想以上の金額にびっくりされた方も多いです
「その後ネットサーフィンでケノンのことを知りあっさり購入」、という男性。

 

 

 

”予想以上の金額”というのは、男性にとっての脱毛サロン、というものの「予想」というものが物語るように
その前に「脱毛サロン」という存在そのものが全くの想定外ということではないでしょうか?

 

 

 

昭和の時代では考えられませんよね?
男性の脱毛、なんて。(「昭和の時代からあるっての!?」というご意見があればお許しくださいませ。)

 

 

 

「以前サロンに通っていましたがめんどくさく途中で行かなくなりました。」と、ありますように
女性にも言えることですが めんどくさがりは大方の男子に見られるところです。

 

予約の手間というのは男子にとっては非常にハードル高いです。
この男子は「3か月ほどでほとんど生えてこなくなった」という。
「今までの苦労を考えると、もっと早く購入すれば良かったと思います。オススメです。」と、締めくくっています。

 

 

 

生足でスカートをはけそう!?

 

 

 

生足でスカートをはけそう!?


 

 

 

30代の男性からのお喜びの声は、「周期に合わせて、これからも続けてい けば生足でスカートをはけそう!?」
というコメントがありました。

 

 

やはりこういうご趣味をお持ちの方も多いと思いました。
女装家のマツコさんをはじめ女装をすることに快感をお持ちの方も多いと思いますので。

 

なんかこっちまでうれしくなりますよね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ